日本と違う?!世界で異なる誕生日の祝い方~ドイツ編~

日本と真逆のバースデーパーティー

日本では、家族や友人などが誕生日の本人へプレゼントやケーキやサプライズパーティーを用意してお祝いするのが普通ですが、ドイツではこれが真逆になります。誕生日を迎えた本人が、祝ってくれてありがとうという感謝の意を込めて、家族や友人を集めてバースデーパーティーを開き、食事やケーキをご馳走します。もちろんゲストはプレゼントを用意しますが、パーティーの主催者が誕生日の本人という所が、日本とは異なる習慣ですね。

大人になっても誕生日は大切

日本では大人になるにつれ、もういい歳だし、と考えて誕生日を盛大に祝うことはあまりしなくなります。しかしドイツでは、誕生日はクリスマスと同じくらい、一年で一番重要な日。こどもから大人まで、いくつになっても、自宅やレストランで盛大にパーティーを開き、友人や家族を招待します。社会人であれば、誕生日を理由に有給を取るのも珍しくありませんし、出社する場合はケーキを焼いていき、職場で同僚に配るのが一般的です。

気を付けたいポイント

これだけ重要な誕生日ですから、家族や友人の誕生日をしっかり把握している人が多く、当日は必ずお祝いの電話やカードを送ります。もし夫婦間で誕生日を忘れるなんて事があれば離婚にもなりかねません。また、ドイツでは誕生日より前におめでとうを言う事は不吉でありマナー違反ですので、当日におめでとうを言えない場合は前日ではなく後日にしましょう。フライングでお祝いすると早死にするという迷信があるそうです。誕生日にも各国様々な習慣があり、日本の祝い方が普通とは限らないようです。

誕生日のお祝いにケーキを用意する際に人気が高まっているのが、好みの絵や写真を基に作ってもらえるオーダーメイドのケーキです。