企業のビルを屋上緑化?!得られるメリット3選!

夏の暑さをクールダウン?!

企業のビルの屋上緑化を行うことで、夏のビル内の温度を下げてくれるのです。実際に検証済みの結果などを見ると、外の暑さが37度の時、2階は27度になり一階は25度になったという事例があるのです。屋上緑化のお陰で、10度以下のクールダウンとなるのですね。それだけビル内の室温を下げられるということは、冷房の温度をさほど低くしなくても快適に過ごせますよね。すると、省エネルギーになり温暖化防止に貢献できるでしょう。

ビルの劣化を防ぐ?!

屋上は日差しが直接当たる場所であり、夏の昼間は熱々になるものの夜になると急激に冷やされます。熱膨張収縮が繰り返されるため、亀裂が入ってしまうのです。また、紫外線による劣化も見られます。しかし、屋上緑化にするとビルの屋上は保護されるため、劣化や亀裂が防げるのです。また、酸性雨の侵入も防ぐことが出来るので、鉄金の腐食も食い止められます。屋上緑化にするだけで、ビルが最低でも約4倍長持ちすると専門家の意見として報告されています。

従業員のストレス解消?!

企業のビルの場合、かなり多くの人が集結し業務に取り掛かっていることが多いですよね。すると人間関係や大勢の人の空間に、ストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。しかし、屋上緑化になっている屋上で、昼食などを食べることによって、都会の喧騒とした雰囲気とはかけ離れ、心をゆっくりと休ませることができる場所となるのです。また、1度自然の中でゆっくりと休憩することで、休憩後の仕事の効率もアップするでしょう。

屋上緑化をするのは良い事ですが、木や草は土がないと育ちません。土の重さと、屋上の最大積載量を考えましょう。